交通事故で怪我をすると、治療が終ってからも首の痛みや腰痛などが後遺症として残ることがあります。
むちうち後遺症は交通事故後遺症の代表で、事故の瞬間の衝撃でずれたり歪んだ骨盤や頚椎・腰椎といった関節や骨格が筋肉・じん帯を傷めて痛みをもたらしています。
整体院の中には、交通事故治療を専門にしている治療院があります。
交通事故治療専門の整体院では、骨格や関節のずれや歪みを正す骨格矯正整体のマッサージで後遺症を根本から改善しています。

まずは整形外科に行ってみる

交通事故に遭い、怪我の治療が終わってからも腰痛や首の痛みが続く場合、まずは最初に怪我の治療を受けた整形外科を受診します。
整形外科を受診すると、まずはレントゲン検査が行われるのが一般的です。
レントゲンは、骨折などの骨そのものの異常を見つけるために行われる検査です。
整形外科でレントゲン検査を受けて骨そのものに異常が見つからず、また怪我の治療が問題なく終わっていることがわかると、多くの症例では湿布などの貼り薬や痛み止めの飲み薬が処方されて経過観察とされます。
湿布など貼り薬は、消炎・鎮痛を目的とするものです。
レントゲン検査で骨そのものに異常がなく、腰痛や首の痛みが慢性化している場合はその痛みの根本原因がどこにあるのかを探すことが必要です。
そして、その根本的な原因を取り除くことで交通事故後の慢性化した腰痛や首の痛みがリバウンドなく改善されます。
整形外科の湿布や痛み止めと組み合わせながら、根本原因にアプローチする治療を受けるのが効果的です。

治療は整体院がおススメ

交通事故に遭うと、追突や急停車などで瞬間的にとても大きな力が体にかかります。
この衝撃で、骨盤をはじめとした関節や頚椎・腰椎といった骨格がずれたり歪むことがあります。
こうした関節や骨格のずれや歪みは、筋肉や靭帯をも傷めて怪我の治療後にも首の痛みや腰痛を引き起こします。
整形外科のレントゲン検査では骨の異常を見つけることができますが、事故の衝撃でずれたり歪んだ骨格や関節が筋肉・靭帯を傷めて後遺症の痛みをもたらしていることは診断することができないので湿布や鎮痛剤での経過観察となります。
整体院の中には、交通事故治療、とりわけ後遺症治療が得意な治療院があります。
渋谷で交通事故治療を専門にしている整体院では、骨格や関節のずれや歪みに注目して正すことで後遺症の根本原因を取り除く整体マッサージを中心とした施術をしています。
骨格や関節のずれや歪みを取り除くので、後遺症が原因から改善されて痛みのリバウンドが見られないのが渋谷で交通事故治療を専門に行う整体院の特徴です。
渋谷で交通事故治療を行う整体院では自賠責や任意保険と各種保険診療をしているので、被害者になってしまった方は相手から治療費の補償が受けられ安心です。