地味に辛い便秘、一般的に3日以上便が出ない、または1週間に2回以下という場合は便秘とされています。
便を運ぶ腸のぜん動運動の機能低下、または食事の量が少ないことで便の量が少なくなり、硬くなることでも便が出にくくります。
そして便を押し出す働きをサポートする、骨盤底筋の働きが衰えるとスムーズに排便できなくなってしまうのです。
便秘対策は腸内の環境を整えることが大切
腸の働きをサポートするとされるサプリを試しても効果が実感できないときには、生活習慣と食生活に原因がある可能性が高いのです。

適度な運動とバランスの良い食事

便秘対策に重要なのは、なんといっても食事です。適切な量をバランス良く食べることが大切なのです。
飲むだけで手軽に食物繊維や栄養がとれるサプリは便利ですが、便秘対策には食品をよく噛んで食べることが重要。
便秘になりやすい人は、噛む回数が少ないといわれているのです。
よく噛んで食べることで唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素が分泌され消化にかかる時間が短くなり、腸への負担も軽くなることで腸のぜん動運動が高まり、排便もスムーズになるのです。
そして噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎ自然と食事の量も適量になるのです。
そして運動不足による筋力の衰えも便秘の原因のひとつ。
排便時に必要な骨盤底筋が衰えていると、便の押し出しが困難になってしまいます。
骨盤底筋はストレッチや、ウォーキングでも鍛えることもできます。
歩き方のコツは正しい姿勢で骨盤がニュートラルなポジションにあるように意識して歩くこと、無理せずに毎日続けることがポイントです。
有酸素運動のウォーキングは、腹筋や腸の周辺の筋肉も使うので、腸のぜん動運動を助ける効果があるのです。
適度な運動を習慣にすることが大切なのです。

自然食レストランのバイキングでランチ

便秘対策の効果アップするには、適度な運動とバランス良く沢山の食品をよく噛んで食べることが大切。
素材の質と安全性にこだわるなら、自然食レストランのバイキングがおすすめです。
バイキングなら、好きなものをチョイスして好きなだけ食べることができます。
良く噛んで食べることで、食べる量もコントロールすることができるのです。
便秘解消の運動のタイミングは食前です。
消化吸収がある程度進んで、これから食事を取る消化器官が血液を必要としないタイミングなのです。
ウォーキングなどの適度な運動で軽く汗を流した後に、自然食レストランで美味しいランチ。
腸の働きをサポートしてくれる美味しいメニューをたっぷり摂りましょう。
食物繊維を豊富に含む豆類や芋類、ゴボウやレンコンの野菜類、ひじきやワカメの海藻類は食物繊維とミネラルも豊富に含みます。
バナナやアボガド、リンゴに含まれるペクチンは便を柔らかくしてくれます。
腸の働きをサポートする乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズ、味噌もおすすめ。
そしてオリーブオイルの主成分であるオレイン酸はぜん動運動を促し、排便をスムーズにしてくれるのです。